おひとりさまの団地暮らしの日々

ファミリーのイメージが強い団地生活。ですがおひとりさまの人も結構多いんです。そんな団地の一人暮らしの日々を綴ります。

やっぱり客が大入りだと演者のやる気も違うな

落語協会100年興行として、東京上野の鈴本演芸場桂文枝をトリとする寄席が行われています。

 

news.yahoo.co.jp

 


日曜の早朝にNHKで放送している演芸図鑑で知ってから、行けたらいいなあと思っていましたが、運よくスケジュールが空いて見に行けました。
上方の大御所を迎えるためか、東京もトリをつとめる実力者がズラリ。

 

http://www.rakugo.or.jp/

これで3000円は超お得。
なにより演者のやる気が違います。

 

というのも、鈴本演芸場では珍しく(?)連日立ち見がでるほどの大入り。
やっぱり客が多いほどそれだけ返ってくる反応も違います。
数えるほどの客の入りで、しかも何人か居眠りしている状態ではやる気もでないでしょう。
普段より数段キレがある噺を聴くことができました。

 

ただ、肝心の文枝さんにちょっと疲れが見えたのが心配。
大阪では普段は8日間のようで、慣れない東京で10日間トリを務めるのは予想以上に大変なのでしょう。
御年80歳を越えてることもあるでしょうが、あと3日間頑張ってほしいもの。


東京の寄席で文枝を見られるのは、今後まず訪れないチャンス。
時間があれば是非。
ちなみに10時半くらいまで(開場は12時)に並べばおそらく大丈夫です。