おひとりさまの団地暮らしの日々

ファミリーのイメージが強い団地生活。ですがおひとりさまの人も結構多いんです。そんな団地の一人暮らしの日々を綴ります。

反省が伝わらないのを反省とか、最後までマスクしないでがんばるとか

土曜日床屋で髪を切ってもらっている最中に流れていたラジオ番組で、ある女性コメンテーターが二人の政治家の発言をけちょんけちょんに言っていて、髭剃り中だというのに笑いそうになってしまった。

インバウンド崩壊 日本人をもう少し大事にしないと

海外からの観光客というのはなぜか一発でわかりますが、新型肺炎の流行から東京では本当にみかけなくなりました。
私が日本語を教えている外国人のご両親が桜の季節にあわせて来日する予定だったのですが、キャンセルになったと寂しそうに言っていました。
日本で暮らしている我々はそれほど意識しませんが、海外からはそういう目で見られているということは忘れないようにしないといけませんね。

宛名空白の領収書は普通はないでしょ

「安倍主席」じゃなかった、「安倍委員長」でもなかった、安倍首相に逆らうものは許さんというところでしょうか。
本当なら実に微笑ましい記事がありました。
桜を見る会」の首相答弁を否定したANAホテルを、自民党幹部がもう使わないと言ったそうです。

新型コロナウイルスが働き方改革を進めるか

中国だけじゃなく、世界中から来ていた観光客がほぼ丸ごと消え去った銀座は、まあ静かなこと。
それどころか、朝の通勤時間帯もかなり人が減ってきているように思います。
おそらくこんな風な在宅勤務が増えているからでしょうね。

キレやすい老人 それ認知症かも

緑内障の私は3か月に1回通院しています。
通っている病院は紹介状がないと初診料が高くなる、地域の拠点となる大病院。
おそらく新型肺炎の患者が近くで発生したら、まず間違いなく運び込まれるであろうところです。

花粉症シーズンなのでマスクが要りますよね

品薄状態になっていたマスク。
メーカーの増産体制が整ったようで、今週には好転しそうだとの報道がありました。
ニュースで東京は花粉症シーズンに入ったと言っていましたから、なによりです。
特に受験生にとっては朗報でしょう。